インスタント義歯?その1

昨日水曜日は午後休診日でした。

終業後、何をしていたかというと、

火曜日に来院された、左奥歯3本のブリッジが
歯ごと抜け落ちた患者様のための
仮義歯を作っていました。
2年ぶりのご来院です。
片方の奥歯で噛めません!!

仮義歯を通常通りに作れば
技工士さんに頼んで、
急いでも一週間くらいかかります。

そこで、自ら取り急ぎ義歯、
うーん、インスタント義歯?
を作ります。
なんせ今までブリッジがあったところに
いきなり義歯を入れるわけで。
噛めない時間を少しでも短くするために
1両日で完成させます。

恥ずかしながらご覧いただきます。

歯型をとって模型を作り、
     CIMG1616.JPG
床(歯ぐきの部分)を義歯の修理に使う樹脂、レジンで
盛り上げて作っていきます。
     CIMG1620.JPG
床部分が完成したら、
     CIMG1621.JPG
かみ合わせを対顎の模型を手で噛ませながら
歯の部分を盛って作ります。
レジンは仮歯にも使います。
     CIMG1623.JPGCIMG1625.JPG

ここで、休憩。
樹脂の硬化による収縮と
ひずみを少なくするため
時間をとります。

遅い昼食を取り、
図書館で本とCDを借り
運動がてらスポーツ用品店のセールへ。
診療用のサンダルと
ウォーキング用のゴアテックスの靴を
定価より¥7,000ほど安く購入。
なんだかんだで3時間。

さて、診療所にもどったら日が暮れています。
歯並びを考慮しつつ技工用エンジンで削って
形態を整えます。
     CIMG1629.JPG
完全には仕上げません。
あとは実際にお口のなかで
材料を足したり調整したりして仕上げます。
     CIMG1631.JPGCIMG1635.JPG

今日はここまでです。
短期限定使用。
義歯が初めて入る場所です。
練習用の意味合いもあります。
とにかく急げ急げ!

仕上がりを乞うご期待あれ!


この記事へのコメント